皆さんは介護予防という言葉をご存知でしょうか?

一般的には、高齢者の方が介護状態にならないためにとか、要介護の高齢者の方が、それ以上ひどくならないように、色んな取り組みが施設などで行われています。

実は、私も要介護3の認知症の母と同居しています。
デイサービスに通い出し、一年半になるのですが、 残念な事に認知症は少しずつ進行しています。

でも、家にいただけなら、もっと進行が、早かったのかなと思います。

色んな経過を経て現在に至るのですが、できれば現状維持のまま、家から施設に通って貰いたいなと思ってます。

正直、一時は早く特養に入居してくれればと願った事も事実です。

さて、私事を書いてしまいましたが、
本題に戻ります。

介護予防、自分がならないために。

編み物って、指を動かす、数を数える、編み図を読む、考える、完成を楽しむ。
ちょっとした時間で、どこでもできる。
そんな利点が沢山あります。

実際、施設の方が教えられてたり、また介護予防のための編み物教室なども高齢者の方対象にあったりしています。

40.50の今だから、少しずつ楽しめる時間を作って、自分の将来を明るい時間になるように、編み物始めてみませんか?

土日の教室の他に、平日は門真市近辺でプライベートレッスンしています。
また、月に数回ニットの日として、共に編み物を楽しむ日を作っています。
お茶してお喋してちょっとあみあみ。

4月のニットの日は
4/2.4/10.4.20の三日間です。

介護予防にご興味のある方、またご賛同してくださる方などいましたら、ご連絡お待ちいたしております。