ちょこちょこ編んでいた、引き上げ編みバッグがやっと完成しました。
早い人なら、2日もあったら完成しちゃうくらいサクサク編めます。
ハマナカさんのルナモールを使いました。
こぶりで内袋も要らない、ちょっとそこまでバッグがいいなぁとの、生徒さんの話から、実際の編み図より模様の数減らして、ちょい持ちできるサイズにリサイズして編んでみました。

あたしには珍しい赤系です。
この華やかな感じがなんか、冬にはいい😆

実際の後はフラックススラブの2本どりで、夏用のナチュラルな感じの大きめバッグでした。


参考にしたのはこちらの本です。

糸の質感も変わるし、かぎ針の太さも変わるので、何玉いるのかなととりあえず三玉購入して編み出してたら、明らかに足りないって気がついて、今度ついでに買いに行こうとのんびりして居たら、やっぱり季節品は無くなるのが早い!
この前行った時は、まだお店に何個も陳列していたのに、売れちゃって品切れになってました。
一個だけ取り寄せも待ちきれず、他の色で買い足したんだけど、片側編み上がってから、両側のバランス取るために一度途中まで解いて、編み直しました。


で、なんとなくまたて部分がポイントカラーに仕上がった感じ。
まだ、、結果オーライってことでいいよね?



同じ編み図より、こちらはニットと持ち手の形Dになってるもの、
現在の愛用中(^.^)

ニットだから、中はしっかり内袋つけています。
素材が変わると、ガラッと印象かわるよね。
気に入ったものって、何個も編みたくなっちゃう(^.^)